フレーバーレビュー: ラヤリナ レモン



このエントリーをはてなブックマークに追加

今回はラヤリナ レモンのレビューをします。

(注意)
フレーバーのロット、室温や湿度などの環境、作り方など、様々な要因が、香りや味、煙の出方に影響を与えます。また、できる限り客観的に記述するように心がけていますが、レビュアーによる主観を完全に取り除くことは難しく、フレーバーのレビューはあくまで一つの目安とお考え下さい。
なお、スコアの算出方法については「スコアの算出方法」のページをご覧下さい。

メニュー

フレーバーの情報

  • フレーバー名: ラヤリナ レモン
  • フレーバーの外観
    • 葉の大きさ: 小さめ。4-6mm程度。
    • 水分の量: やや少なめ。
    • 茎の量: 茎が少量だが含まれている。

フレーバーのレビュー

  • 総合スコア: 57.6点(100.0点満点)
    • 持続: 5.0点(20.0点満点)
    • 煙感: 11.7点(20.0点満点)
    • 煙量: 6.7点(10.0点満点)
    • 香りの広がり: 15.0点(20.0点満点)
    • 味わいの深み: 9.2点(20.0点満点)
    • 基準スコア: 10.0点(10.0点満点)


評価シート
クリックで拡大表示できます。


上の表ではスペースの関係で、"Very Good"を"VG"と表記しています。

  • 総合評価
    炭着火後の15分は立ち上がり時間と考え全体的に不足。2回目の炭交換から本来の味わいが楽しめた。1時間経過した頃から、香り味わいが薄くなり、煙感の煙たさだけが目立った。

    • 持続時間
      2時間。持続時間は長め。

    • 煙感、煙量
      煙量は若干少なめ。煙感はややこもった印象。

    • 香り、味わい
      甘みは感じとれるが、レモン本来の甘酸っぱさ。つまり酸味は感じとれません。例えるなら、レモンティー(午後の紅茶の様な)や、レモンキャンディー。


  • (参考)甘味と酸味の表

甘味、酸味のマトリックス(柔らかい)

上の表は、書籍「佐藤陽一、金子英之、ワインテイスティング―ワインを感じとるために(ミュゼ)、2009」で紹介されているテイスティング表を参考に使用しています(詳しくはこちら)。


レビュー環境



このエントリーをはてなブックマークに追加

|Written by 茶本 悠介 | 2011.09.28 Wednesday | カテゴリー:フレーバーレビュー |





Facebookページにご参加下さい




▼ 前の記事
フレーバーレビュー: ゴールデンラヤリナ シカゴスペシャル

▼ 次の記事
点ではなく線で温度管理をする


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...














茶本悠介(Yusuke CHAMOTO)

1985年大阪生まれ。


関西大学大学院総合情報学研究科修了、修士(情報学)。日本電気株式会社を経て、ASLAJ設立。


シーシャ(水タバコ)という素晴らしい文化を広めるために仕事をしています。


一番好きなフレーバーは「ローマン アイボリーコースト」。一番好きなパイプは「MYA Mozza」。ホースはウォッシャブルホースしか使いたくありません。


あと、Appleが好き。


お問い合わせはコチラ




RSS.png

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...