シーシャの吸い方 美味しく吸うための3つの方法



このエントリーをはてなブックマークに追加

煙を出すときに、煙を吹かずに自然にふわっと煙を出す。

シーシャ・水タバコは吸い方でも香りの出方が変わります。そこで、今回は水タバコ・シーシャの吸い方について、美味しく吸うための3つの方法をご説明したいと思います。

シーシャを美味しく燻らせる3つのポイント
  1. ブクブクと音がする程度の強さで煙を吸う。
  2. 煙を吸ったら、すぐに大きな口を開けて煙を出す。
  3. 煙を出すときに、煙を吹かずに自然にふわっと煙を出す。
  4. (動画)初心者でも簡単!美味しいシーシャの吸い方


1. ブクブクと音がする程度の強さで煙を吸う。

ブクブクと音がする程度の強さで煙を吸う。

吸い口から煙を吸い込みます。このとき、吸うための力は強すぎず、弱すぎず、程よい強さで吸ってあげてください。最初は、「ブクブク」と音がなるぐらいの強さが目安としましょう。

シーシャの吸い方に慣れてきたら、味と香りの出方に従って、吸う強さを調整しましょう。吸い口から煙を吸い込んだとき、その煙の味と香りを感じ取るように意識しましょう。吸う力を変化させると、吸い込んだときの味と吐き出したときの香りも変化します。吸い込んだときの煙の味、吐き出したときの煙の香りを感じながら、自分が最も良いと思う味と香りとなる吸う強さを探し出し、その強さでどんどん吸い込んであげてください。そうすると、味と香りを一段と引き出すことができます。

2. 煙を吸ったら、すぐに大きな口を開けて煙を出す。

煙を吸ったら、すぐに大きな口を開けて煙を出す。

煙を吸い終わると同時に、大きな口を開けて、すぐに煙を出しましょう。このとき充分に口を開いていないと、煙が口のなかにこもり、香りが充分に立ちません。最初は、肺に煙を入れず、すぐに吐き出してあげる(いわゆる"ふかす"ということです)と吸いやすいと思います。

すぐに大きな口を開けて、煙を開けることはとても重要ですなことです。シーシャの煙を深く吸い込むと、煙は肺の中に入ります。煙が肺にはいることは問題ではありませんが、肺の中に煙をためないようにして下さい(普段から紙巻タバコを吸う人は、煙を肺にためるクセがある人が多いです)。肺に煙をためると、香りと味が損なわれてしまいます。

下の写真は、口を開けた瞬間にシャッターを落としていますが、もうすでに煙が出てきています。

3. 煙を出すときに、煙を吹かずに自然にふわっと煙を出す。

煙を出すときに、煙を吹かずに自然にふわっと煙を出す。

大きな口を開けたら、煙を吹かずに、煙が自然と広がっていくように煙を出しましょう。煙を吹いてしまうと、香りが立たず美味しくありません。

このとき、煙が自然と上にあがっていくなら、軽く、心地良い煙を出すことができています。煙が自然と上にあがっていかない場合、口を大きく開けることを意識しましょう。また、やや斜め上を向くと、煙が上がりやすいと思います。




▼ この記事を読んで、思ったこと、わからなかったことがあればお気軽にコメントしてくださいね。茶本の励みにもなります:D



このエントリーをはてなブックマークに追加

|Written by 茶本 悠介 | 2011.09.06 Tuesday | カテゴリー:シーシャのHow To |





Facebookページにご参加下さい




▼ 前の記事
シーシャ・水タバコを美味しく作る方法8ステップ

▼ 次の記事
パイプの洗い方の4つのポイント


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...














茶本悠介(Yusuke CHAMOTO)

1985年大阪生まれ。


関西大学大学院総合情報学研究科修了、修士(情報学)。日本電気株式会社を経て、ASLAJ設立。


シーシャ(水タバコ)という素晴らしい文化を広めるために仕事をしています。


一番好きなフレーバーは「ローマン アイボリーコースト」。一番好きなパイプは「MYA Mozza」。ホースはウォッシャブルホースしか使いたくありません。


あと、Appleが好き。


お問い合わせはコチラ




RSS.png

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...